スペース

モノづくり

トップ > 日産工機のモノづくり > 生産ライン

生産ライン

 

エンジン

日産工機は、日産グループの中で、パワートレイン専門会社として、エンジン、アクスル(車軸)の主要部品やユニットを高い品質で生産しています。
部品ではエンジンの主要部品であるカムシャフト、コンロッドの供給工場として、日産車の70%にあたる量のカムシャフト、コンロッドを生産するという、重い責任を果たし続けています。
また、シリンダブロック、シリンダヘッド、インテーク&エキゾースト・マニホールドなどのいろいろな種類の主要エンジン部品を、生産しています。
ユニットでは、フォークリフトをはじめとする産業機械用、商用車用などの中型エンジンを中心にガソリン、LPGエンジンを生産しています。
特にK型エンジンは、日産フォークだけでなく、複数のメーカーのフォークリフトに採用され、世界のフォークリフトの約50%のシェアを獲得しているだけでなく、GHP(ガスヒートポンプ)にも採用され、活躍の場を広げています。
また、SUVのジューク、商用車キャラバンなどの前後輪用のアクスルを生産しています。
エンジン、アクスルとも、当社独自の混流ラインの生産技術により、ひとつのラインにおいて多機種に対応するフレキシブルな生産を可能にしています。

 

日産グループ説明図

世界への製品出荷

 

 

主な生産設備

カムシャフト機械加工ライン、コンロッド機械加工ライン、エンジン組立ラインの
詳しい内容については、こちらをクリックしてご覧ください。

カムシャフト加工ライン
詳細ページへ
アクスル組立てライン
カムシャフト 機械加工ライン
エンジン組立ライン
アクスル(前車軸)組立ライン
詳細ページへ
V型エンジン組立てライン
後車軸組立てライン
コンロッド 機械加工ライン
エンジン組立自動化ライン
アクスル(後車軸)組立ライン
     

↑ページトップへ