スペース

企業情報

トップ > 企業情報 > 当社の歩み

会社歴史

 

 西暦 
で  き  ご と
1964. 9 資本金2億円で東急機関工業株式会社として設立
工場:東京蒲田工場、大森工場、寒川工場
日産自動車株式会社と業務提携。乗用車、トラック等のエンジン、アクスルの生産開始
1968. 3 現在地寒川に本店および工場を移転。
1970. 7 マリーンエンジンの生産開始
1970. 8 株主が従来の東京急行電鉄(株)ならびにその系列会社に代わり、日産自動車株式会社1社となる
1971. 6 社名を日産工機株式会社に変更
1976.10 資本金を4億円に倍額増資
1980.11 プレジデント用Y44エンジンの生産開始
1981. 7 サニー・パルサー用E15エンジン生産開始
1981.10 スカイライン用FJ20ツインカムエンジンを開発・生産開始
1985. 7 ブルーバード用CA18DEツインカム/CA18DETツインカムターボエンジンの生産開始
1986. 3 パルサー用CA16DEツインカムエンジンの生産開始
1986.11 設計部にモータースポーツ部門を設置・F3フォーミュラカー用エンジンの開発を開始
1987. 7 輸出向けサファリ用TB42エンジンを開発・生産開始
1989. 2 合同販売拠点「日産アプリーテ寒川」を敷地内に建築
1990. 3 資本金を20億2千万円に増資
1990. 5 乗用車用ディーゼルエンジンの生産を開始(CD20,LD20,RD28)
1992.12 フォークリフト、産業機械用KHエンジンシリーズを開発・生産開始
1994. 9 会社創立30周年を迎える
1995. 4 同期生産活動をキックオフ 
1995. 6 REINIKチューンエンジン搭載のスカイラインGT-Rがル・マン24時間レースに出場
1995. 6 いすゞ自動車株式会社向けエンジン部品の納入開始
1995. 8 当社開発のディーゼルエンジン電子制御燃料噴射装置搭載のラルゴが発売される
1995.10

北米でのKHエンジン生産の拠点であるNissan Industrial  Engine Manufacturing USA Incを設立

(イリノイ州マレンゴ)。略称NIEM

1996. 1 レイニックラボで開発のRB-Xエンジンがニスモ400Rに搭載されて発表される
1997. 9 サファリ(輸出名パトロール)用TB45Eエンジンを開発・生産開始
1997. 9 三洋電機株式会社製造のガスヒートポンプ駆動用H25エンジンを開発・生産開始
1997.11 本社ビル1階にショールームをオープン
1999. 8 VGエンジン生産開始
1999. 9 会社創立35周年を迎える
1999.11 「産業機械用KHエンジンユニット及びその部品の設計・製造」に対し、国際品質保証規格ISO9001の認証取得
2000. 2 日産ディーゼル工業株式会社向けエンジン部品(コンロッド)の納入開始
2000. 4 日産自動車株式会社・横浜工場より、VGエンジン全数移管を受け、量産組立開始
2000.11 日産自動車株式会社・九州工場より、KAエンジンの移管を受け、量産組立開始
2000.12 H系エンジンが米国カリフォルニア州の排気規制第一号認可を受ける
2001. 1 日産圏初の無線タイプ 組立工程管理システム(NEPICS)を開発・導入
2001. 4 四輪駆動車パトロール(国内名サファリ)用TB48DEツインカムエンジンを開発・生産開始
2001. 5 三菱重工業株式会社より産業エンジン用カムシャフトの機械加工を受注
2001. 8 日産自動車株式会社・横浜工場より、RBツインカムエンジンの移管を受け、量産組立開始
2002. 2 産業用新型Kエンジンを開発・生産開始。三洋電機空調株式会社のGHPに搭載
2002.11 北米向けインフィニティ・FX45用アクスルの生産開始
2002.12 シビリアン用TB45CNGエンジンを生産開始
2003. 6 北米QX56車搭載VK56エンジン用カムシャフト、コンロッドの生産開始
2003. 7 日産・三菱フォークリフト用電制Kエンジンを開発、生産開始
2003. 9 当社、エンジン生産累計500万台、アクスル生産累計750万本を達成
2003.10 シーマ用VK45DEエンジンを開発、 同エンジン用クランクシャフト・カムシャフト生産開始
2003.12 ビジョン、ミッションを策定
2004. 8 シビリアン用TB45エンジンを開発・生産開始
2004. 9 会社創立40周年を迎える
2004.10 ISO14001の認証取得
2004.11 MRエンジン用カムシャフト・コンロッドを生産開始
2005. 3 社員食堂、事務所厚生棟を竣工
2005. 4 日産VIシステムを導入
2005. 9 環境対策として、切削油、洗浄液のリユース化を導入
2006. 4 開発部門が分離、日産テクノに統合
2006. 7 VQ35HR、QR25エンジン用カムシャフト、コンロッドの生産開始
2006.10 地域交流の一環として寒川町にて『日産工機杯争奪軟式野球大会』を開催
2007. 2 日産自動車・いわき工場より、VQ30DEエンジンの移管を受け、組立開始
2007. 4 執行役員制度を導入
2007. 7 米国・NIEMのエンジン組立工順を日産工機に統合
2007. 8 フォークリフト用ファイナルドライブの組立開始
2007. 9 中国・大連に『日産工機購買サービスセンター』を開設
2008. 1 米国・インフィニティ向けVK50VVELエンジン用カムシャフト、コンロッドの生産開始
2008.10 『日産車フェア IN 日産工機』を地元の方を対象に開催
2008.11 日産自動車株式会社・横浜工場より、VK45エンジンの移管を受け、組立開始
2009. 3 NV200用フロントアクスルの生産開始
2009. 5 日産自動車・いわき工場より移管を受け、エルグランド用VQ35エンジンの生産開始
2009. 6 欧州向けパスファインダー搭載のYD25エンジン用コンロッドの生産開始
2009.10 品質保証部 ザ・ホップサークルが「石川 馨賞」を受賞
2010. 6 ジューク用リアアクスルの生産開始
2010. 7 セドリック・タクシー用NA20Lpiエンジンを生産開始
2010. 8 パトロール(輸出専用4輪駆動車)用のフロント&リアアクスルの生産開始
2010. 9 セドリック・セダン用リア・アクスルシャフトの生産開始
2010.11 QR20、25エンジンの生産開始
2011. 5 本社工場第二機械課セイバーサークルが「石川 馨賞」を受賞
2011.11 エルグランド用QRエンジンの生産開始
2012. 3 新型キャラバン用リア・アクスルの生産開始
2012. 4 デンヨー株式会社向け発電機用Kエンジンの生産開始
2012. 8 電気自動車「リーフ」用モーター・メイン・シャフトの生産開始
2014. 1 E2工場の屋根に太陽光発電パネルを設置
2014. 3 愛知機械工業との業務連携をスタート
2014. 9 会社創立50周年を迎える
2015. 4 中期経営計画のスタートにあたり「NK550 Challenge "Takumi"」活動を開始